安い価格の4Kはそろそろ買ってもよさそう

最近4Kモニターも手の届く範囲の値段になってきております。

果たして4Kモニターは買い時なのでしょうか?4Kモニターを購入するメリットやデメリットなどを考察します。

4Kモニターを購入するメリット

4Kモニターを購入するメリットはこちら

  • 美しい4K映像が楽しめる。
  • 表示できる情報量が多い。

やはり、なにより美しい4K映像が楽しめるのが4KTVやモニターの醍醐味です。

そして、表示できる情報量が通常のFHDの4倍なので、マルチモニターも不要になる情報量??

>4Kモニターを購入するデメリット

  • 4K対応しているコンテンツがまだ少ない。
  • 4Kに対応してないコンテンツがやぼったく見える場合がある。
  • PCゲームをする場合4K対応できるパソコンが必要。
  • 大画面でないと、情報量が多すぎて文字等が見づらい場合がある。

デメリットはやはり、対応コンテンツ不足というところだと思います。

しかし、最近では4K映像を撮影できるカメラ(ビデオカメラ)も多数出てきておりますので、自分で撮影する人には、必要な映像出力機器になると思います。

また、古い映像を昨今のFHD対応TVやモニターで見るとやぼったく見える状況が、4Kモニターでも見られる場合があります。

そして、4K対応のPCゲームを遊ぶ場合には、4K出力に対応できるパソコンを所持していないと遊ぶことはできません。

最後に、いくら4K対応といっても、小さいモニターでは、あまり4Kを堪能できるとは言い難いです。

今、4Kモニターはどれほど安価になってきているのか?

器機が普及するとなるとやはり価格の問題が一番となってきます。

あまりにも高価ですと手が届きませんし、他のものを購入してしまいます。

ということで、手ごろで購入できそうな4Kモニターを調べてみました。

  • JapanNext 28型 4K モニター 4万5千円程度
  • DOSHISHA 43型 4K液晶ディスプレイ 5万5千円程度
  • Philips 43型ワイド液晶ディスプレイ 8万円程度

10万円を切り、中には5万円程度のモニターも出てきているので、大分手が届く範囲になってきているのではないでしょうか?

もし、TVチューナー機能が欲しいということであれば、パソコンにチューナーを付けたり、チューナー付きの器機を購入するだけでも十分と言えます。

4Kを楽しむために欲しいパソコン

折角4Kモニターを購入しても、4Kに対応していないパソコンでは意味がありません。4Kモニターで4K対応のゲームや映像を楽しみたいものです。

BTOメーカーのツクモでは4K対応パソコンの特集ページなども組まれております。このあたりの話はBTOパソコンブログにまとめられています。このブログが情報量が多いのでかなりおすすめです。

また、4K対応のGPUを搭載したパソコンを購入するか、わからなければBTOショップの店員さんに尋ねてみるのも良いと思われます。

かなり安価になった4Kモニター、環境が整うなら、そろそろ買い時かもしれません。